DTF (Direct To Film)とは

専用のフィルムにフルカラー印刷をし、そこにパウダーを塗すことによって転写シートを生成する方法。 ナイロン素材やポリエステル素材へのフルカラープリントが可能となります。

注意事項

熱プレスによるボディへの跡残りについて

ナイロン及びポリエステル素材ボディへの熱圧着を行うため、プリント面へのヒートプレス跡が残ります。
ボディが熱により溶けて跡になるため、洗濯での解消は難しいですが、アイロンで跡部分を均すことで解消されます。
※納品時は弊社で最低限のアイロン処理を行いますが、多少の跡残りに関してはご了承ください。
※ポリエステル素材への跡残りの方がナイロンより多少目立ちます。

デザイン縁にパウダー痕が残る

ボディの種類やご入稿データのデザインにもよりますが、デザイン周りにパウダー痕が残ります。(ボンドが固まって透明になるようなイメージ)
予めご了承ください。
※特にナイロン素材へのプリント時は目立ちます

柄物ボディへの加工

柄物ボディへの加工はプリントに柄が干渉し、若干透けて見える仕上がりになりますのでご注意ください。

線の細さの限界値 3mm (約8pt)

線が細ければ細いほどプリント堅牢度は下がり、またプリント縁部分のパウダー痕も目立ちます。
線の細さの限界値である3mm(約8pt)以下のデザインは基本的に製作不可とします。
これは堅牢度やパウダー痕の問題だけではなく、細すぎるデザインは白版が生成されず、デザインとして反映されなくなるためです。

ご入稿について

ご入稿データの形式

PNG、JPG、PSD,AI等

カラー形式

RGB 解像度350推奨

プリントサイズ

商品によって異なります。各商品ページに掲載されているDTF加工最大プリントサイズをご確認ください。

お客様からいただいたデザインデータをそのままプリントしております。 色味などの見え方は、ご使用のモニターや環境、プリントされた製品とお客様のイメージしている色味などとは多少異なる場合があります。

カラーの再現はプリンターの性質に依るものなので、こちらで色味の微調整は出来かねますのでご了承ください。
※金色・銀色・蛍光色でのプリントは出来ず、近似色でのプリントとなります。