刺繍とは

CORNER PRINTINGでは版代なしで1個からオリジナルの帽子やワッペンを作ることができます。刺繍商品はすべて刺繍代込みの価格設定となっています。

データ

  • ご入稿データの形式:自由
  • ご入稿データはPNG、JPG、PSD,AIなどで、カラー形式はRGB、CMYKどちらでもご入稿いただけます
  • 綺麗に写真データに収めていただければ、手描きのイラストからも加工出来ますのでお気軽にご相談下さい
  • 同じデザインデータでも、ボディや生地の種類によっては仕上がりが変わります

加工色

  • デザイン(刺繍糸)の色数はデフォルトで最大5色まで使用可能です
  • 上記より1色増えるごとに+200円が加算されます(デフォルト5色含めて最大8色まで使用可能)
  • 刺繍糸色見本ページ よりご指定ください
  • ボディカラー地の色を含めると6色で再現が可能です
  • データ近似色の刺繍糸での刺繍となりますので、データと完全に同じ色の刺繍糸のご用意がない場合もございます

加工サイズ

  • 加工サイズ:商品によって異なります
  • 加工サイズや箇所は商品によって異なるため、各商品ページをご覧ください
  • 衣類への加工サイズは通常80mm×80mm以内ですが、商品によっては追加料金で大きいサイズの加工も可能です(追加料金は加工サイズによって変動いたします)

前開きの衣類(ジップパーカーやジャケット)の場合

バックに最大270mm × 320mmの加工が可能です(縦横どちらでも可)
*下記の通り変更可
160mm × 160mm : +800円
240mm × 240mm : +2,000円
270mm × 320mm : +2,800円

前開きではない衣類(プルオーバーパーカーやスウェット・トレーナー)の場合

バックに最大W320mm × H270mmの加工が可能です
*下記の通り変更可
160mm × 160mm : +800円
240mm × 240mm : +2,000円
W320mm × H270mm : +2,800円

半袖TシャツやロングスリーブTシャツの場合

最大160mm × 160mmの加工が可能です(生地の厚みの兼ね合いで160mmより大きい加工は不可)
*下記の通り変更可
160mm × 160mm : +800円
縫い方について

新規データにおいて既存類似データを参照した縫い方、或いは縫い方(サテン縫い、タタミ縫い等)に具体的な希望がある場合はご指定ください。特に指定のない場合弊社規格に則って最適な縫い方で制作させて頂きます。

縫い順について

刺繍の縫い順や重なる部分について具体的なご指定がある場合、ご入稿時にデータや文字情報としてご指定下さい。(画像の例参照、こちらの限りでなくとも構いません)
特にご指定がなければ弊社のほうで最適な縫い順で制作させて頂きます。

不織布(刺繍の芯)について

刺繍のクオリティの担保のため裏側に不織布を入れさせて頂いております。こちらのほうで大部分は剥がしてから納品させて頂きますが、デザインによって程度の差はあれど多少残っての納品となってしまう旨ご了承ください。またこちらは洗濯をしたり軽く水で濡らして頂くとはがれやすくなります。

枠の跡について

Tシャツやスウェット類(キャップ以外の服類全般)などに刺繍をする場合、専用の枠をボディにはめてミシンにセットします。 加工完了後に枠を外すと、その枠をはめた跡が残ってしまうことがあります。
できるかぎり目立たない状態にして出荷致しますが、多少薄く枠の跡が残っている場合がございますのでご了承ください。 枠の跡は商品到着後、お洗濯によりほぼ完全に解消されます。

刺繍位置のズレについて

レーザー照射で中心をとって刺繍を施しますが、ボディの個体差やミシンの性質上、1mm〜5mm程度のズレが起きてしまう場合があります。

フロント中央位置への加工について

フロント中央(胸部)への加工に関して、弊社では基本的に 首元(襟元)のリブの中心 を基準に制作・加工いたします。衣類全般にはすべて作りに個体差があり「 首元のリブの中心位置は必ずしも身幅(横幅)の中心位置とイコール 」ではないため、フロント中央へ加工したデザインに対して、 身幅の中心を基準で測定された場合、最大5mm程度の誤差 が生じる場合がございます。弊社では、中心とは 首元のリブ を基準に測定の上、制作加工しておりますことをご了承ください。

中央の測定位置基準

首元のリブの中心
身幅の中心
細かい刺繍の潰れについて

刺繍はご入稿のデザインをそのまま再現することが難しく、特に細い線幅の複雑な(密集した)デザイン、点描やドット、グラデーション等の細かなデザインを再現することに不向きです。
線幅が太めのシンプルなデザインが刺繍に適しており、より綺麗な仕上がりになります。

ご入稿のデザイン
H30mmで制作事例
(ワッペンの場合)

線幅の推奨サイズは 商品の生地のやわらかさや厚みによっても左右され、キャップ類やワッペン、コーチジャケット等の伸縮性がなく しっかりとした生地への刺繍をご希望の場合、 線幅の太さは最低1mm以上 (蓄光糸のみ2mm以上) にてデザインしていただくとより綺麗な仕上がりになります。
スウェット類、Tシャツ、ソックスなど伸縮性の高い やわらかい生地への刺繍をご希望の場合、 線幅の太さは最低3mm〜5mm以上 でデザインしていただくとより綺麗な仕上がりとなります。

つなぎ糸について

デザインとデザインの間隔が1mm未満の箇所がある場合は、仕上がりの品質保持(補強)のため、赤丸部分のような「つなぎ糸」が発生します。

間隔が1mm未満の場合

つなぎ糸が発生する場合でも最も近しい箇所同士が繋がるように自然な仕上がりを目指しておりますが、つなぎ糸がない仕上がりをご希望の場合には、 デザインとデザインの間隔を1mm以上空けて いただきますよう、お願い申し上げます。

間隔が1mm以上ある場合(推奨)
ワッペンについて

デザイン内の一番大きい塗りの色がワッペンの下地の色となります。弊社取り扱いの下地の中からベースの色をお選びいただき、その下地に刺繍をしていきます。

下地 : ホワイト
下地 : ブラック

ワッペン用のデザインも刺繍糸は5色までお選びいただけます。下地の色と併せて、合計6色のデザインを構成してください。
しっかりとした下地のためある程度の細かいデザインにも対応が可能ですが、多色使用や広範囲のタタミ縫いの刺繍を施す場合、ズレなどが起こる場合があります。
ワッペンはアイロンプレスにて他の生地やボディに接着していただけます。
塗りの刺繍の部分が多いほど接着が弱くなるため、下地の色を多めに使用するデザインがオススメです。

※弊社にてワッペンの取り付けは行っておりません
※取り付ける相手によってはアイロンが不向きの場合がございます。その際はアイロンプレスではなく縫い付けにて取り付けをお願いいたします。

3D刺繍について

一部のキャップは、3D刺繍のご対応が可能です。3D刺繍は500円の追加料金が発生します。

注意事項

  • 3D刺繍箇所の刺繍糸カラーは1色のみです。2色以上のデザインの場合は内1色の部分のみが3D刺繍になります ※画像参照
  • 3D刺繍は複雑なデザインよりも シンプルな太めの文字等を推奨しております
  • ゴールド (MG2)、シルバー (MS1)、蓄光、アルミ系の糸は素材の兼ね合いより3D刺繍が出来かねます
  • デザイン自体の線幅やデザイン内の隙間部分共に5mm幅から10mm幅程度確保されていない場合、3D刺繍としてお受けできない可能性がございます
刺繍 グリッターシートについて

グリッターシートを使用することでキラキラとしたラメ素材を、直接刺繍では出来ない広範囲の多色で光沢のあるマーキングが可能になります。 ※商品により使用できない場合があります

500円の追加料金でグリッターシートの使用が可能になります。入稿時に下記6色の中からお選びいただき、デザイン中のどちらに使用するかご指定ください。

copied!
レッド
(FK-03)
レッド (FK-03)
copied!
ダークゴールド
(FK-11)
ダークゴールド (FK-11)
copied!
リーフ
(FK-15)
リーフ (FK-15)
copied!
ブルー
(FK-16)
ブルー (FK-16)
copied!
ラベンダー
(FK-17)
ラベンダー (FK-17)
copied!
ネオンピンク
(FK-30)
ネオンピンク (FK-30)
注意事項 1デザイン中に使用できるのは1色のみです。 デザイン自体の線幅やデザイン内の隙間部分共に5mm幅から10mm幅程度確保されていない場合、 グリッターシートが残ってしまうためお受けできない可能性がございます。 ※画像参照